タグ「a7RM3」が付けられているもの

DSC01560a.jpg

DSC09255.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

せっかくの世界遺産金剛界なのに少しだけ

やはり紅葉シーズン、コロナ禍でも思ったより人出は多かったが、
遅い入山に、紅葉の写真なんてほとんど撮っていない。

一同の目的は奥の院参道の灯籠の明かりなのでこんなものね (笑)



DSC09265.jpg


観光客なぞ全く見かけぬ奥まった場所に頼まれ物で立ち寄った。


しかし、胡麻豆腐にこんな高価なものがあるなんて、全く知らないわたし。

 

Okunoin, Kouyasan, Wakayama (Nov. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA

DSC09267a.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

高野山 奥の院 御廟の橋 ここから先は浄土

先週末、鳥仲間の写真の先生達にお誘いいただいて高野山へ。

先生達一同は南海高野線「天空」乗車にて入山されましたが、
ボクはオンボロを駆って高野山をめざします。

最近ワイディングロード疾走 (迷走) が続きますね。
好天に恵まれた幌車はサイコーでした。

ただ時間に余裕がなく、定番の高野龍神スカイラインはお預け。
特に帰路下りルートの選択を誤り酷道で有名な国道371に。

離合不可能な真っ暗闇を2速ギアポジションでずっとくねくね......
40分下りの罰ゲームを課せられヘロヘロでした。


 

Okunoin, Kouyasan, Wakayama (Nov. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art

A Day In The Life #44 〜20200908 残暑〜

DSC09196.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

flowers

台風一過、暑さが戻った街はどこかカラッとしている。
しかし酷かった暑さのせいか、往く夏を惜しむほどの余裕は無くなっている

Chromeのブックマークがある時期からどんどん増殖していて (なんとその数数千以上) 、重複ブックマークを削除するツールで整理してもすぐにゾンビのように復活して、ついに重い腰を上げて大掃除をする羽目になった。


まず、すべてのPCやモバイル機器をGoogleからログアウトさせ同期を切って、Chromeのサーバーにある同期データを空っぽにし、一つずつのローカルの重複ブックマークをクリーンにし、スッキリしたブックマークを再びGoogleに同期するって面倒な手順でクリーンになる筈。しかし、ものの数十分でまたゾンビが復活するのだから驚きだ。

これってかなり深刻。色々ググってみるとiCloudのChrome拡張機能の同期プラグインにバグがあって、これがどうやらゾンビの親玉らしい。で、早速この同期プラグインを止めるとゾンビが大量復活することはなくなった。

AppleといえばSafariがお勧めだ。こんなバグ直せばすぐなのに、Safari誘導のために放置してあるのかとゲスは勘ぐってしまう。あれこれAppleをディスる気持ちは、いつもながら知らぬうちにわが品性を卑しめる。

でもそれってもとから?(笑)

 

"Flowers@NOB"
SONY α7RIII ILCE-7RM3
CONTAX PlanarT* 85mm F1.4

A Day In The Life #38 〜夏が来た#05〜

DSC09217.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

Impression

最高気温は37℃。
クーラの下で昼寝して、身体を冷やしてしまった。

で、結局28mm始まりでは足らなくて、在庫があったので買い換えた。

お金をもらうにはFマウントが都合が良かったが、
少しずつもαでやれることはやっていこうと思う。
自己満足だけど......

 

@Osaka (Aug. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
SIGMA 24-70mm F2.8 DGDN Art

L1002907.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

視える風景じゃなく、視たい風景を写し止める

こどもの頃、カッコイイ車に乗ればカッコ良くなれると思っていた。


幌が開くだけが取り得のオンボロに乗り続け、
ここではないあそこと、
地球6周分ほどの距離を走り続けた。


でも、それだけに見合うだけの風景をてこれたのだろうか。


ダサくても、生き方だけでもカッコ良くなりたい凡人だ (笑)

しかし、あれもこれもと生き方を選べるほど若くもなく、

なにをするにもそれ程時間は残されていない。

できれば肩の力を抜いて、
視たい風景だけをていきたい

 

Minasejingu, Shimamoto, Osaka (July. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656
Voigtländer NOKTON 50mm F1.1

DSC01389.jpg

DSC01455.jpg

DSC01367.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


コロナ禍のことし、七夕の夜のことなど忘れていた

そう遠くない川向こう水無瀬神宮に
風鈴を撮りにオンボロででかけた。

催し 「招福の風」 そのものがインスタ映えするのか、
若い人ばかりで、そしてそのほとんどがα7を持っているのに驚いた。

おそらく8割ぐらい、後Canonと少しのNikon。

先の東洋経済on-lineの記事で、カメラ専業のNikonの行く末を案じた記事を目にしたが、つい最近まで有名撮影地はNikonCanonユーザーがほとんどだった。

年々ミラーレス機の広がりを見てきたが、ここまで来ているなんてほんとうに驚いた。


あの記事のように五年後この業界そしてわれらがNikonはどうなっているのだろう。


 

Minasejingu, Shimamoto, Osaka (July. 2020)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35/2
SONY α7RIV ILCE-7RM4
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

DSC08789c.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

七月に入って梅雨もそろそろ本番 それにしても降り過ぎ

アジサイってほんとに多くの種類があって飽きない。
で、種類が多すぎて名前が覚えられないの事に。

名札を一つずつ携帯で撮ってるつもりだけど、
結局どうでも良くなる性格だし、
気に入った株だけいつも撮って終わってる(笑)

 

Moriyama-Ashikarien, Moriya, Shiga (June. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA

DSC08797.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

OSXが終わる

macOSの次のバージョンは10.16じゃなくって11.0。
ついにUNIXベースじゃなくなりますね。

AppleIIなどの68ベースのClassic Mac。
ジョブズのもたらしたUNIXベースNeXTSTEPから辿り着いたOSX。

今回新たにARMベースで動作するmacOS11.0。
iOSつまりiPADのアプリが再コンパイルなしで動作するメリットを選んだApple。

ざっといって、68K→PPC→x86→ARMと、よくわからんことを言うと、
三回のCPU変更をRosetta,Rosetta2などバイナリで抱え込むコンピュータ企業って、Appleが初めてなんじゃないだろうか。


 


Moriyama-Ashikarien, Moriya, Shiga (June. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA

DSC08778.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

やはりオリンパスは売却

ここ最近売却の記事が出ては否定の繰り返しでしたが、
やはりというか、こうなるのもいずれはって雰囲気でした。

新しいイメージセンサーの調達が出来なくなっていましたものね。
ヤシコンのように売却そして事業停止消滅にならなければ良いけど。

さすがパナは動画とフルサイズへと転身していました。変わり身早いなぁ...

で、ミラーレスのFFを出さない (出せない) ペンタは、
そして大赤字のわれらがニコンはどうなっちゃうのでしょうね。

結局残れるのは大資本のキャノン、ソニー、パナ、フジだけなのかな。

 

Moriyama-Ashikarien, Moriya, Shiga (June. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
Sonnar T* 135mm F1.8 ZA


DSC08698-3.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

きのうのX、アサヒカメラ休刊

とうとうアサヒカメラが休刊に追い込まれた。ネット媒体の繁栄もあってか、一昔前から専門雑誌不況は続き、Jazz雑誌のSwingJournalを始めに、PCでは月刊ASCII、インターネットマガジンなど、またMac関連雑誌はいまやほぼ全滅だ。

カメラ業界でも毎日カメラの休刊などそう遠くない記憶で、その上にデジタル化に乗り切れなかったミノルタや京セラなどカメラ会社本体も多く消えている。

ここに来て、いままたこのカメラ不況で大手メーカの広告の急減に、カメラ総合雑誌の老舗アサヒカメラが休刊に追い込まれた。もう紙媒体のメディアが巨額の広告費なしでは刊行が成立出来ない時代なのかも知れない。

この大きな時の流れを前に、あのレンジファインダーの雄ライカ社が一度は倒産したように、いやひょっとして、いま人々の口に少しずつ乗り始めてきた、かのわれらがNikonに、ある日突然にカメラの生産の止まる日がやってくるかも知れない。

そのDデイはほんとうにくるのだろうか......


 

Moriyama-Ashikarien, Moriya, Shiga (June. 2020)
SONY α7RIII ILCE-7RM3

Sonnar T* 135mm F1.8 ZA

DSC06295.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

無印良品の衣料品タグはどこ? 一晩悩んだ(笑)

昨年買った無印良品のパンツをもう1枚購入しようと思ったけど、サイズや洗濯タグがついてなくって、まさかポケットの裏にプリントされてるなんて知らなくって無駄に時間を費やした話を朝からカキコ (笑)。

タグがついているもんだって思い込みがあるから、なかなか見つけ出せない。
他に集中することもあったので余計に出てこない。
まさに「捜し物は見つからない〜マーフィーの法則そのもの......今どき時代遅れ(笑)

スッキリしないまま朝を迎え、気を取り直し改めてゆっくり丁寧に探してみたら、少しはわかりにくい場所だがくっきり白文字で印刷されてた。

左側のパイピングの裏に縫い込まれているって、はなからバイアスがかかって探していたから、うまく昨夜は見つけられなかったのだ。


最近片付け物の記憶が不確かで、長時間探し回るって日常だったし、とうに人の名前なんてすぐには出てこなくなっている。ここは都合良く考え、すでに記憶のキャパいっぱいで新しい記憶のために必要かもなんて思うようにしているが、でもやはりボケじゃないんだろうか、これはやっぱり......

 

Home, Osaka (June. 2020)
SONY α7RIV ILCE-7RM4

FE 100mm F2.8 STF

INDEX-指標

DSC07624b.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

東京は夜の7時

林立するネオン、ひしめく看板。
現実の東京のそれ、その多くは観光スポットだけど、
やはりレンズ越しにでも撮らずにはいられない。

フォトジェニックな被写体は現在の指標として記録すべきだと思う。

機能がすべての現代のカメラであっても、
欲しいのは「思ったような絵」だ。

 

Hudanotuji, Tokyo (Dec. 2019)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240

東京駅界隈 #3

DSC07512.jpg

DSC07549.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

この眺め、よく通ったもんだ。

昨年末バッテリーの交換で傷めた腰。
あれも欲しい、これも欲しいと、
煩悩に囚われた日々を過ごしている内
いつの間にかに消えていた。

やはり病は気から (笑)

 

JP TOWER KITTE, Tokyo (Dec.2019)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA