タグ「RX-1」が付けられているもの

DSC01954.jpg


DSC01936.jpg


DSC01551a.jpg


DSC01980.jpg


-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

最後の夜、静岡岳南鉄道まで足を伸ばした、わたし
そこまではすべて順調で良かったのだが......

ずいぶんBLOGにすれば長文だけど、それだけ楽しかったのだ、わたし、きっと。

せっかく静岡島田まで遠出しているのだし、帰路は深夜の東名を走るつもりだったので、それまでの時間を静岡岳南鉄道乗り鉄出来るじゃないかって、貧乏性のわたしが思いつくのは容易な事だった。


夕方島田を後にしてオンボロで新東名高速を東に。カーナビに導かれるまま富士宮ICから静岡市内に入り岳鉄の車庫がある岳南富士岡駅に迷わず到着 (ナビがあるので当たり前か)。

すでにあたりは暗くなっていたが、幸い車庫に留め置きされた退役の電気機関車などはライトに照らされ、機関車はむろんその雰囲気のある無人駅や到着の電車なんか撮って楽しい時間は流れる。ただ背景の空の遠くに雷光が赤く明るい。しかしその時は撮影にちょうどエエ感じぐらいに思っていたぐらいで、まさかその後わたしがオンボロ幌車でその雷雲豪雨の下を走るなど思いもよらなかった。

岳鉄始発の吉原駅にオンボロをおいて、フリー切符を手に行ったり来たり途中下車してブラブラ小さな旅気分を味わう。もちろん夜なので岳鉄売り物の冨士山をフレームに収めたり、工場地区を走り抜ける岳鉄の写真は撮れなかったが、乗り鉄だけで十分楽しく過ごしたわたし、自走して岳南鉄道まで来られた満足感を抱いて始発駅に戻り、オンボロのステアリングを握った。だが幸福と不幸は隣り合わせ。雷雨はすでにそこまでやってきていた。今思えば異様に蒸し暑かった。

夜遅く巨大な工場街にGSは少なく、やっと探し当てたスタンドに入ろうとした途端、照明がプツンと消える一斉に。

人の手なら一斉に消すなんて出来ないし、やはり辺り一面真っ暗だ。これは停電で決まり、すぐに復電なんて気楽に構えていたら、GSの人がシステムがダウンして無事ガソリン入れるなんて出来ないから余所に廻ってなんて大きく命令調で宣う。せっかく営業中のGS探し当てたと言うのに......


ほどなく暗闇の工場街は大きな雷鳴と同時に土砂降りに襲われた。
それこそ車のライトだけが頼り。で、あらためナビの案内で営業しているGSで給油を終え、雨宿りを兼ね遅い夕食に。でも静岡も緊急事態宣言でこの時間どこも営業していないのよね。何もこんな時に雷雨だなんて、涙、涙。

なんとか食べ物にもありつき、雨もやり過ごして後は新東名を西に向け、ちょっとした長距離運転で楽じゃないけど夜道は暮れないしね。なんて、新東名を走っていたら、気がかりだった雷雨に真っ直ぐ突っ込んでいたのね、わたし。

もうワイパーも効かない豪雨に雷鳴、高速道路なのに土砂降りの雨で視界効かなくってノロノロ。それより何よりわたしのオンボロは幌車だから、雷は大の苦手。ふつう車は金属に囲まれていて雷が落ちてもそのままボディーから地面にアースされ大丈夫なんだけど、わたしの幌車はもう運転手直撃の悲劇。雷雨の下、裸同然無防備で走っているんだからマジ怖くって、慌ててPAに駆け込んで雷宿りなのだ。

で、高速道路のオアシスに飛び込んで車を止めようとした途端、この夜最後の大イベント。
そこはまたまた大停電 !!!。それこそ映画みたいに一斉に明かりがすーっと消えてすべて真っ暗。

光が全く無かったら暗黒の世界深い闇なの。人の手のかかった大規模施設でこんなこと滅多に経験できないっていうか、それは映画の世界のように生き残った者が誰もいない未来の廃墟のようなSFの世界に見えてくるから面白い。でも怖い(笑)

大げさかも知れないけれど、日頃のたまっている永遠の一瞬ってこんなのね、たぶん。
今回の撮り鉄旅でSLの汽笛におおいに心を震わせられたけれど、最後にこんな大イベントが待ってるなんて、やっぱり雷は怖かったけど得難い経験ができてうれし楽しいシルバーウィーク過ごせたんだと思った、わたし。

Gakunan-railway, Shizuoka (Sept. 2021)
SONY α7RIII ILCE-7RM3
Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4
Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4
SONY DSC-RX1
Carl Zeiss Sonnar 35/2


  

DSC01605.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

Biogon T* 25mm F2.8 ZMも良いなって、思っていたんだけど......

貸し出ししていた4312M、我が家に帰宅、
やっぱし小粒でもピリリと辛い。


体力を考えれば機材は軽い方が良いに決まっているので、

28mmと21mmの間をBiogon 25mmで埋めるつもりだった。

でも、よく考えれば、買いやすくなった Distagon FE 35mm F1.4 ZA と
そういくらも変わらない金額だと気がついた。

頭の中で、グルグル廻る

レンズが欲しい、カメラが欲しい、

あれもこれも、やっぱり欲しい。


 

@Home (Aug. 2021)
SONY DSC-RX1
Carl Zeiss Sonnar 35/2



DSC01777_a.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

また飽きもせず、夕日の写真だ (笑)

チック・コリアが亡くなった。
彼のYouTubeチャンネルがしばらく更新されていなかったが、
やはりコンディションが良くなかったらしい。

ぼくが初めて彼の音楽に接したのは、あのスタン・ゲッツ1968年の訪日のメンバーとしての日本公演。たまたまテレビの放映を見ていた。
その後すぐマイルスのアルバム「キリマンジャロの娘」のジャケットに名を認め、最近まで主要なアルバムはほとんど聞き逃さなかった。
でもこんなに嵌まるなんて当時思いもしなかった。

「RTF」がきっかけで「クロスオーバー」としていろいろ物議は呼んだが、そのメロディアスなスペインなどの多くの昨品は、いまやスタンダードとして毎日世界のどこかで聴かない日はないだろう。

サークル時代のフリーなスタイルから、キース・ジャレットとのクラシックピアノの連弾などその音楽の幅は広く(キースも脳梗塞で再起不能らしい)、またアルバムも多作で軽く扱われた節もあるが、若かった頃のぼくは、一世を風靡したリターントゥフォーエヴァーのアルバムより、彼のソロ演奏のモノが断然お気に入りで、ジャズ喫茶京都YAMATOYAの2Fにあったどでかい壁一面のALTEC A5から流れるチック・コリア・ソロを聴くため足繁く通っていた。

Live is short, Time is fast. No replay, no rewind. So enjoy every moment as it comes.

....ご冥福を祈ります。
 

Kuzuha, Osaka (Feb. 2021)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35/2

DSC01767-2.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

いつもの散歩路で

すでに2月に入っていますね。

このコロナ禍で店を閉じられる飲食店を数多く見ます。
僕だって撮影は全くダメだけど、飲食業界の方々はとてもそんなレベルじゃないですね。

先月末に、散歩道途中にある某有名お洒落スポットの路面店となるワイン食堂が閉じられました。
噂だとテナント料も高く、コロナ禍で集客も望めず、先の事を考えられて契約を更新されなかったみたいです。

たまの利用で偉そうなことは言えないのですが、最後に安価なランチを美味しく食させていただきました


ボクは何でもそうなんですが、いざ閉められるとなると常連でも無いのに惜しく、ランチを頂きながら、これでここでいただくのもお終いと思うと、グッとくるモノがありました。

開店当初からお店のスタッフさん達美人揃いだったし、お店の雰囲気も開放的で良かったんですが。
またひとつお気に入りのお店が消えていきました。

ですよね。
否応なしに、こんな風に毎日が過ぎていきますね




Hirakata, Osaka (Jan. 2021)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35/2

DSC01759b.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


いつもの散歩路で

日々淡々と過ぎていきますね。
連休って気がつかなかったぐらい。

年が明けても一向に感染者数が減らず
わが地でもいよいよ二度目の緊急事態宣言が発せられそうで
色々生活に制約がでてきます。

とは言っても、動かないと運動不足で身体にも良くないし、
外に出るようにはしています。
川沿いを歩く分には人も少ないしね

ホント、無力です。
こんな時に。

ただただ日々淡々といくしかありません。

Amanogawa, Osaka (Jan. 2021)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35/2

A Day In The Life #40 〜夏が来た#07〜

DSC01488.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

この暑さに今日もどこへも出かけず、ランチに囓ったバタールを撮ってお茶を濁す

昨日の最高気温は38℃、今日は37℃どまりで気持ちマシ。

いつもの散歩は1時間遅れて、
それだけで倒れそうなくらいの暑い朝だった。
 

@Home (Aug. 2020)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35/2

DSC01389.jpg

DSC01455.jpg

DSC01367.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --


コロナ禍のことし、七夕の夜のことなど忘れていた

そう遠くない川向こう水無瀬神宮に
風鈴を撮りにオンボロででかけた。

催し 「招福の風」 そのものがインスタ映えするのか、
若い人ばかりで、そしてそのほとんどがα7を持っているのに驚いた。

おそらく8割ぐらい、後Canonと少しのNikon。

先の東洋経済on-lineの記事で、カメラ専業のNikonの行く末を案じた記事を目にしたが、つい最近まで有名撮影地はNikonCanonユーザーがほとんどだった。

年々ミラーレス機の広がりを見てきたが、ここまで来ているなんてほんとうに驚いた。


あの記事のように五年後この業界そしてわれらがNikonはどうなっているのだろう。


 

Minasejingu, Shimamoto, Osaka (July. 2020)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35/2
SONY α7RIV ILCE-7RM4
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

A Day In The Life #20 〜雨の季節〜

DSC07589c.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

近畿地方で梅雨入り

五月晴れはいつまでも続かない。
今年も雨の季節がやってきた。

運動はしばらく楽しめなくなるので、最後のポタリングにと、嵐山地区まで昨日出かけた。
しかし、週に一二度の遠出に少しは身体も慣れて欲しいのだけど、ご老体の足腰はなかなか思うようにはならない。

なかなか思うようにはならないと言えば、あれもこれも欲しいカメラのことだけど、
ハッセルの月面着陸記念の907X+CFV II 50Cデジタルバック、破格の大バーゲンプライスだ。

月着陸50周年モデルは抽選だったらしいが、これの普及版はいつ発売されるんだろう。

 

Botanical gardens, Osaka (May. 2020)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35/2

DSC01428.jpg

L1002272.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

緊急事態宣言も解除されてはみたけど、これから先どうなんだろ...

なかなか外に出て撮影というにはいかず、
せっかくのHASSELBLADも開店休業の日々。

 

Home, Osaka (May. 2020)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35mm F2.0

LEICA M10-P Typ 3656
Voigtländer NOKTON 50mm F1.1

A Day In The Life #15 〜Window lights〜

DSC01411.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

窓の明かり追加分、これが真打ちかも(笑)

ネガ変換するのに仲間で集まって、
ああだこうだと、5時間近く費やしてこれだって正解が得られなかった。

家に帰って、試しにあるソフトをダウンロードし、
そのネガ変換というツールでクリック一発、良い結果が得られた。

それなりの対価を支払うことにはなるが、
有名な老舗ソフトにこの機能が追加されたのはごく最近のこと。

何をいまさらなんだろうが、フィルムは高価にはなったが、
やはりそれなりのニーズが増えたお陰なんだろう。


気分転換にブログロゴを少しいじってみた。
ブラウザのキャッシュのせいですぐに見えないかも。

いずれにせよ、自己満足。

 

Home, Osaka (May. 2020)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35mm F2.0

DSC01357.jpg

DSC08648.jpg

DSC08657.jpg

DSC08658.jpg

DSC08662.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

晴れのち曇り、窓明かりだけ

カメラを手に取って、そして本を読む。

光は足りないが、それはそれで良い。
時間はたっぷりあるから。

 

Home, Osaka (May. 2020)
SONY DSC-RX1,
Carl Zeiss Sonnar 35mm F2.0

Brouillard nocturne

DSC01192.jpg

DSC01216.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

バレンタインの夜に深い霧、そこいら辺りを彷徨く

あとほんの少しで寝入ってしまっていた。

カーテンを少し開けて確かめてみるとあたり一面深い霧に覆われている。

さすがに休んでいる場合じゃないと思って、
着替えてカメラを片手に外に出た。

 

Osaka (Feb, 2020)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35mm F2.0
 

Roadster, is My Life #2

DSC01123.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

「Roadster, is My Life」冷却ファンをはずしアッパーホースを脱着中

ラジエター、友人I君の力を借りて無事交換完了。
おまけに彼のSHOPの店裏で作業までさせてもらった。

メモだと前回の交換は2006年6月となっていた。
なんと13年間も壊れず、けなげにその仕事をこなしていてくれたわけだ。

修理明細にはMマウントのZeissレンズ一本相当の金額アリ。
極貧のロードスター乗りに少し早いクリスマスプレゼントとなった。

友人I君に感謝!!!
 

audio-amigo, Kyoto (Dec. 2019)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35mm F 

Roadster, is My Life

DSC01116.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

「Roadster, is My Life」ラジエター、ポチって手配だけは完了

I君に引き取られたハッセルは皮を張り直してお色直しだ。

これ、なかなか素敵じゃないですか。
スタイリストのI君らしい。

 

audio-amigo, Kyoto (Dec. 2019)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35mm F

Des paysages à ne pas oublier #4

DSC01064.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

中崎町撮り歩き

橋梁名 権現町架道橋
キロ糧 555K619M

東京駅からこんなにも離れているんだ

Nakasaki, Osaka (OCT. 2019)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35mm F2

Des paysages à ne pas oublier #2

DSC01055.jpg

-- Click photo for large -- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

誘われて中崎町歩いてきた。

つい最近まで何処にでも昭和の風景が残っていたが、
さすがに時代の流れ、この街だって例外じゃない。

しかし寂れたそれでなく、
レトロな街に若者が集まる小洒落たお店が次々できて
休日には若者が溢れる街に変貌中。

忘れたくない風景は急速に消えていく。

Nakasaki, Osaka (NOV. 2019)
SONY DSC-RX1, Carl Zeiss Sonnar 35mm F2