タグ「M10-P」が付けられているもの

L1003291.jpg


DSCF1675.jpg


DSCF1693.jpg


L1003306.jpg


DSCF1749.jpg


L1003309.jpg


DSCF1784.jpg


DSCF1804.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

なんとも早や八月になってます

21mmのビオゴン、外付けビュファインダー要るんだけど、
メンドーだからライフビューちらっと見てテキトーに撮ってます、わたし。

これだと1割の価格にも満たないX70で撮っているのとぜんぜん変わらないのだけど、
1割未満はそれに加えAF効いてますから、どっちが優れているんだか (笑)。

まぁ名手が撮れば違いが判るんだろうけど、
猫に小判、やはりアポズミで無きゃ駄目なんだ!(爆笑)


でね、どれがどれか、わかんないでしょ?

Naramchi, Nara (July. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
Carl Zeiss C Biogon T* 21mm F4.5 ZM
X70, 18.5mm F2.8

L1003229.jpg


L1003224wb.jpg


L1003235.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

Denoise

晴天時のピーカンでは何不自由なく撮れるが、
やはり光が足りない時、α7RM4のノイズは気になっていた。

今回、DxO PureRAWの評判が良かったので、
試しに導入してみたが、これが大正解。


プラグインじゃなく一度データのやりとりが必要だけど、
驚くぐらいの仕上がりで、とてもフルサイズ6000万画素越えのデータとは思えない。

今まで時間帯によっては運用を躊躇うことがあったが、
これで多画素を持て余すって事が無くなりそう。


Watanabebashi, Kitaku, Osaka (July. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
Carl Zeiss C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L100_1719.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

そうだ京都、行こう。

ことしの祇園祭は、山建てあれど、鉾巡行は昨年に続いて中止。
疫病払いの祭りなのに......などと悪口は言いません。

ということで、通り雨の後、粽をもとめ鉾町へでかける。

Kankobokomachi,Shimokyo, Kyoto (July. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28 ZM





DSC03514.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

そうだ京都、行こう。

紫陽花もそろそろ終わりに近づいてきたし、
近場も含めちょっとオンボロで廻ってきた。

SNS映えもあって、JR東海の仕掛けはたっぷりで
なんだか、まんまとのせられているいるんだな、わたし(笑)


Lens1本ですが、少しずつUPしていきます。
 

Yanagidani-Kannon, Nagaokakyo, Kyoto (Jun. 2021)
SONY α7RIV ILCE-7RM4
TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH

L1003140.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

Funleader Cap Lens18mm f8.0を入手

周辺減光とシアンドリフトが味というか
周辺どころか中央も解像してないかも (笑)

それでもこの薄さ小ささは正解 。

早速、四条河原町あたりをブラブラした、わたし。


Kyoto-Shiijo.ST Kyoto (Jun. 2021)
LEICA M10-P Typ 3656
funleader 18mm f/8.0

L1002970.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

晴耕雨聴

以前も手持ちのJBL2231Aのエッジの張り替えを自分でやってみたが、今回は弟のLE14Aのエッジ張り替え。

USのサイトで買い求めたが、かなりアイテムが減っていた。
経年変化があるので、こればっかりはストックを持っても無駄なだけなので、我が家のものは改めて注文するしかない。

その頃には専用品がリストから消えているリスクもあるが、だからといってこっちが現役で聴いているかどうかも判らない。

と、ここまで書いてみて、サイトをSSL化した際、ごく初期の5ヶ月分の投稿で画像のリンク切れになっているのに気がついた。


色々試してみて、ブラウザによっては表示出来るが、やはり最新のChromeだと誤魔化しが効かなく、すべて手打ちで修正するしかないみたい。そもそもBLOGを移行した際に、リンクを更新しなかった自分が悪いのだが。
 

@home (May. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656
TTArtisan 50mm f/0.95 ASPH

L1002673a.jpg

DSCF1459.jpg

L1002671.jpg

L1002688.jpg

L1002716.jpg

L1002708.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

京町通 上がって下がってモノクローム

週明けいきなりの冬本番。わが地でも雪が舞い散った。

冬がこんなにも寒いものだなんて、まったく忘れていた。
もう着込んでチャリンコに乗るしかないと、覚悟をきめる、わたし。

しかし、われながら似たようなモノばかり撮っている。恥ずかしい......


それでもアップするのだから、さらに恥ずかしい。 わたし。

 

Kyoto (Nov. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656
Voigtländer ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L1002450b.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

最近のマイブームはフランスパンです

おいしいパンを求め西へ東へとうろうろしています。
で、その時街に目につくのがビンテージバイク。
以前より欲しいと思っているので余計に目に入るのかも。

しかしわたしの買えないもの...リスト

そのポジションは一、二。

欲しい四輪自動車も数多いけど、
何と言っても二輪バイクは予算が優しい。

それに維持費だって断然お得。

もう買うしか無いとは思うのですが、
がしかし、敵は本能寺にあるのですよね(笑)

万が一転けて打ち所が悪ければ廃人と言うことで、
周りの者が許してくれません。

たしかに四輪だってあまり冷静な運行は少し苦手だから、
そう思われたって仕方が無い合理的な判断かも、いや多分そうね。

まぁそんなこんなでかなり無理っぽい欲しいものですが、
あの跨がって全体重をかけて振り下ろすキックスタートは、

レコード盤に針を降ろす行為とどっこいどっこいの
かなり大がかりな、
そしていささか神経症的儀式そのもだと受け止めウットリします。


単気筒でドコドコ。。。。。

DUCATIは無理としても、程度の良いSR400,500なら
気軽に手に入るのだけどと、まだまだ夢見ます。

もちろん「雨はこれから」は愛読書です。

 

Kyoto-Station, Kyoto (Oct. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656+Portra 400
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L1002440.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

早いもので今日から11月、何もしなく何も出来なかった一年になるかも

Windows 10の年に2回行われている大型アップデート。
段階的なロールアップを待っていたらいつになるかもわからないので、
朝からバックアップ機など含めすべてに Windows 10 October 2020 Update (20H2) をあてた。

前回 May 2020 Update にはメイン機にトラブルが出て長いお預けを食らったが、
今回はノントラブルでUpdateを終えた。

少し使ってみて、春のアップデートに比べてそう多くの変更も感じられなかったが、
Microsoft Edgeが凄く使いやすくなっている。

Chromeエンジンになってから、
そのメモリ消費の大きさにもっさり感がしなくも無かったが、
さすがOSを作っているだけのアドバンテージはあるなって感じ。
MacOSのSafariもうかうかしてられないかも。

Boot Camp上のアップデートはまた暇なときにでも、


といっても毎日暇なんだけど......(笑)


 

Kyoto-Station, Kyoto (Oct. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656+Portra 400
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

L1002630.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

出町柳を歩いたその日、ガンメタのNB1もカッコいいと思いました

昨年の夏、思わぬ怪我で左腕がまったく動かなくなって落ち込んでいたが、
やはり日にち薬、一年経ってみれば
普通の生活ならほぼ不自由なく過ごせるようになってきた。

それで調子にのっていよいよで、
一週間前からプールに通って、ぼちぼちだけど、
先ずは文字通りの肩慣らしで、500m程泳いできた。

昔に比べればたいした距離じゃないが、
一時は左腕でカメラを支えることも出来なかったくらいだから、
とっても良い傾向だと思って喜ぶ、わたし。

怪我はすべて自分が悪かったんだけど、
信じてはいないが、神様は見捨てていなかったみたいだ。


「もう少しやってみろ......!」
とか言われたのだと思います。いやマジで(笑)



この一年でずいぶん筋肉も落ちたが、

少しずつでも距離を伸ばして頑張ってみようと思っています。

健気なわたし(笑)

 

Demachiyanagi, Kyoto (Oct. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656+Portra 400
Carl Zeiss Biogon T* 2.8/28 ZM

L1002564.jpg

-- Click photo for large ( 読込終了時にクリックしてください。 ) --

秋のひかりいっぱい、昭和の雰囲気色濃い喫茶ユニオン

10月17日、ジャズトランペッター近藤等則氏 死去 71歳
10月19日、写真家鬼海弘雄氏 死去 75歳

ご冥福をお祈りします

 

Muromachi st.Takoyakushi, Kyoto (Oct. 2020)
LEICA M10-P Typ 3656+Portra 400
C Biogon T* 21mm F4.5 ZM